top of page


6/24追記:満席になりました


———


◽︎漢方閑話|布衣

▪︎内容:漢方とは(陰陽五行説 /気血水/食性(食物が持つ力の性質)など)

◽︎日時:7月7日(木)10時-11時30分

▪︎料金:3,000円(珈琲 お茶菓子付)

◽︎場所:紅茶と食と台所 糸 小屋

▪︎申し込み:メール/fui.rb0606@gmail.com もしくは布衣Instagram DMより


———


布衣の珈琲と菓子は漢方の考えを下敷きにしています。 

喫茶と漢方、一見すると無関係、むしろ漢方は漢方薬のイメージが強く相性があまり良くないように感じる方も多いかもしれません。

(事実、珈琲には相性が良くないとされる生薬もあります。)

しかし、前者は五感で感じることで、後者は理論を知ることであらゆる囚われから放たれ、このいま、またそのなかにある自らを意識するという点では決して遠くなく、むしろ近しいものなのではないかと考えています。

「一に養生、二に薬」。

そのようにして過去や未来、痛みや不調、過度な情報など「他」に向きがちな心身を、いま、ここに置く。

どうすればそうすることができるのか。

それを理論化したものが漢方になります。


今回[紅茶と食と台所 糸]店主野澤めいさん、そしていつも糸さんの前で花屋[pause]を営む吉原友美さんのご厚意で機会をいただき、アトリエをお借りして拙いながらも漢方の考え方、その概要をお伝えいたします。

平日の午前になりますがご都合が合う方、ご参加いただけたら嬉しいです。

肩ひじ張らない学びの時間です。

Comments


bottom of page